アクセス解析


 

来週の新顔野菜・注目野菜

いちじく収穫遅れのお詫び再び・・・

 一週遅れのお知らせをしたのですが、今週も、収穫が遅れるかもしれません。いちじくの熟す条件は、気温や雨だけではないようで、なぜか成熟が進みません。申し訳ございません。


秋の味覚 大集合!

5655極早生青切みかん500g.jpg№5655 極早生青切みかん 500g 330円
№5804           1kg  600円
和歌山県産 農薬不使用

 りんごの次に登場する秋の果実といったらみかんです。まだ青さが残るうちに収穫された極早生みかんの皮をそうっとむくと、立ち上る甘酸っぱい香り・・・。薄い皮の下にたっぷりの果汁を蓄えた、さわやかな美味しさ。昔話「わらしべ長者」の中で、みかんで体調が回復した、というお姫様が食べたのは、こんな味だったのかもしれません。
 和歌山県で、すべての果実を農薬を使わずに栽培している、ばんじろう村のみかんです。


№5696 国産グリーンレモン 約250g(1~2個) 350円
№5892           約1kg      1,250円

 前の冬、九州を襲った大寒波の余波はまだ続いていて、木そのものが傷んでしまった九州のレモンは、不作の大打撃を受けています。今季最初のレモンは広島県産の農薬不使用のもの。レモン愛好家の皆さんを、たいへんお待たせしております。ただ、収穫日の関係で、月~水コースの方は、10月からのお届けとなるかもしれませんので、御了承ください。


№5733 ばんじろうの種無し柿 2玉 520円
和歌山県産 農薬不使用

 そして、柿、です。こちらもばんじろう村から。渋抜きした種なし柿です。野菜や果物の栄養は、皮から皮の直下に一番多いとか。柿も、是非、皮をむかずに丸かじりして下さい。


今週の新商品・再開商品・お勧め品

№3790 一ノ蔵 純米酒粕 480g 390円

 前の冬には、そのすっごい効能がテレビで大々的に取り上げられたために、品薄状態になった一ノ蔵の酒粕。この秋はなんとか順調にスタートできそうです。マスコミさん、どうかそっとしておいてくださいね。
 我が宮城が誇る酒蔵一ノ蔵。純米酒を仕込んで搾る過程でできる酒粕は、発酵したお米のパワーがたっぷり。「
粕」と呼ぶには申し訳ないほど。ビタミンBやたんぱく質、葉酸や食物繊維を含んでいるのです。
 一ノ蔵の純米酒粕は、お味噌状の練粕なので、料理にも扱いやすい。甘酒、粕汁、粕漬け、毎日のお味噌汁に少し加えるなど、おいしい酒粕ライフで健康的に美しく。


№4639 大興 黒蜜どら焼き 1個 120円

 熱いお茶がおいしく感じられる今日この頃。お茶うけにおいしい和菓子が恋しくなります。
 そこで黒蜜どら焼きの出番。黒糖をブレンドした生地に挟まれた、たっぷりの粒あん。一口食べればドラえもんの気持ちがよくわかる(?)。


*****************************************
0415梨豊水1kg~.jpg配達男子 国分の 菜の花村見聞録
№22 変わるもの 変わらないものの巻

  これを書いている現在は9月10日のお昼前で、広島カープの25年ぶりの優勝が決まる試合を見れるかもしれないという期待を持っているところです。
 25年ぶりの優勝と言うこともあり、当の広島県民の喜びと期待は凄く大きいとおもいます。
当時の私は2歳か3歳だったのでそのときの情勢というのは覚えていませんが、四半世紀もたてば歴史は大きく変わり、色々なものが無くなって、また新たに生まれてくるのものだと思います。
 前回の広島優勝の年、1991年のトピックスとしてはソ連崩壊でしょうか、今で言うとどのような衝撃なのか気になります。
 個人的には、QUEENのボーカルとして活躍したフレディ・マーキュリーが亡くなった年と言う印象が強い年でした。
 ただ、時間は流れても美味しいものと言うのはあまり変わりません。時は9月、梨のシーズンがやってきました。
 梨は昔から好きだったのですが、ここ数年は夏は暑さが強烈な上に長居するので9月に入っても秋と言う感じが全くしません。そんな環境下における梨というのは非常に嬉しく、水分の塊のようなものなので喜びはひとしおです。
 今週菜の花村にも梨が入りました。私は梨の皮を剥くのが好きなので早速包丁を入れましたが、剥いてる最中に腕が果汁で濡れたので、今年の梨のポテンシャルにも相当な期待が持てました。
食べてみると食感はしっかりしているのに全然筋っぽくなく、梨の風味が楽しめます。舌は温度により感じ取る味というのが変わるものなので、常温だと甘さが引き立ち、冷蔵庫に入れておくと酸味が立つ梨の二通りの楽しみ方ができます。
 多分25年後も、梨は人気のある果物として人口に膾炙される存在であると思います。

編集長よりひとこと

 このあと広島カープは、見事、感動的にリーグ優勝を決めました!おめでとう!我が楽天イーグルスには、次の優勝は20年以内に決めてもらいたいところです。(それまで私はいないかも)
 前のカープの優勝の年は、ソ連崩壊の年だったんですね。アメリカと冷戦を繰り広げていた大国が、テレビ画面を通じてとはいえ、目の前で無くなっていったことは、既にいい大人だった私には、衝撃的な出来事でした。それでも世界は続いていくのですね。1991年は、SMAPがCDデビュー、横綱千代の富士が引退した年でもあり、今年SMAPは解散、親方は亡くなり、ひとつの時代が終わったことを感じます。
 果物は、木を何年もかかって育て、実が着くようになってからも、木を大切に守らなければなりません。特に梨の木は、収穫までに10数年を要するそうなので、人間の子育てと同じくらい時間がかかるんですね。菜の花村の梨の生産者は岩手県花泉町の菅原秀雄さん。大産地の蔵王や利府、北浦ほどの知名度はありませんが、大切に木を守る気持ちは同じ。梨のシーズンはいつも、
もぎたての新鮮な果実を届けてくれます。今秋から「豊水」になります。

火・水コース 9/23(金)正午締切
木・金コース 9/26(月)正午締切
FAXでのご注文
注文書はこちらをダウンロードし
FAX0220-34-7052へ。

菜の花村は皆さんに支えられ25年目を迎えました。創業以来大切にしていることがあります。

「早い!安い!便利!…に流されつつ生活する中、青虫のついた葉っぱを洗いながら頑張っている私が嬉しく、ありがたく感じます。」
仙台市泉区:M・S様

マクロビオティック商品等、人と環境にやさしい商品を常時400品目以上揃えております。

「山木醤油・三河みりん・梅酢・鈴木さんの味噌etc、良い素材に調味料だとシンプルな調理でも美味しいんです。」
仙台市泉区:M・O様

旬の野菜を5~7種類おまかせでまとめたセット
野菜は全て農薬不使用・減農薬(一般栽培の5割以上農薬削減)です。

「野菜が新鮮で量が多く初めはびっくりしました」仙台市青葉区E・I様

無農薬で栽培された野菜を2~4種類おまかせでまとめたセット

「無農薬野菜は想像していた程高くないことも驚き、野菜の甘み素材の旨みを感じることができ、味付けも薄味で美味しく食べています。」
仙台市:C・S様

常備しておきたいじゃがいも、玉葱、人参をセットにしました。産地・季節によって、農薬の使用率は変わります。

アレルギーで食べられなかったはずの卵が食べられました。皆で同じものを食べられる。   そんなうれしいことはないでしょう。 仙台市 高橋君(中1)

菜の花村オリジナルブランド平飼い卵・みそ、その他野菜・無農薬米等生産している鈴木さんです。

梅干し、青菜野菜を中心に一年中菜の花村に出荷してくださる、パワフルな野家さんです。